17年ぶりにTOEICを受験したところ、 2カ月半の勉強で715点を取ることができました。re2IMG_20170222_131848
今日は、なにをどのように勉強したのか、具体的な勉強方法 を書いていきます。

勉強方法はこちら
TOEIC勉強法 part1  このページです。これはとばしても大丈夫。
TOEIC勉強法 金のフレーズ  TOEIC頻出単語の学習 ここから勉強してもいいとおもいます。
TOEIC勉強法 文法特急  文法特急で文法の弱点がなくなりました。

1日目~20日目 テーマ<文法事項を思い出す>

なんせ17年ぶりのTOEIC、何から始めていいのか迷いました。
そして家の本棚に17年間眠っていた2冊のTOEIC本を取り出しました。

 ・TOEIC TEST文法完全攻略 [ 石井辰哉 ]
 ・TOEIC TEST文法別問題集 [ 石井辰哉 ]

この本は当時、しっかり勉強したらスコアアップできそうだなと思いながらも、最初の数十ページで挫折した本でした。ようやく日の目を見たわけです。

まずは文法別問題集の始め単元が「文型と能動態/受動態」なので、文法完全攻略の文型と能のところをしっかりと読んで文法事項を覚えます。そして文法別問題集のTEST1回分(15題)だけを解くという流れです。
問題集の単元は10個あるので、これを10回繰り返すと全部の文法事項を網羅できます。

TOEIC TEST 文法完全攻略
この本のすごいところはTOEICで出題される範囲の文法しか書いていないことです。例えばForestなどの有名な文法書では難解な文法事項も説明しています。どこまで勉強したらいいのか判断がつきにくいですよね。かなり前に出た文法書でしたが、問題もなく現在も現役で使える良書です。

TOEIC TEST 文法別問題集
この本はとにかく解説が丁寧です。一題一題に詳しい解説がついています。
問題数も780問とボリューム満点です。
しかし、今回は文法事項を思い出すのがテーマなのですべて解いていたら時間が足りません。また、昔の問題集なので、半分は誤文訂正問題なのです。
ですので、各単元でTEST1の穴埋め問題(15題)を解いていきました。
苦手な単元はTEST2の15題も追加しました。
全部で200題程、4分の1くらいしか解いてませんね。
今回は時間もなく、最近発売された問題集にも手を出したかったので、割り切りました。


文法書を読む ➡ 対応する穴埋め問題をとく ➡間違えたところを解説を読んで確認 ➡ もう一度解く
のサイクルを2日で1単元のペースで行いました。

英語の勉強にブランクがない場合は、この1~20日目の内容はやらなくてもいいかなと思います。
ただ、分からない問題に出会ったときに調べられる文法書はあったほうがいいです。

次回からは、やっと最近発売された教材を使っての勉強に入っていきます。

勉強方法はこちら
TOEIC勉強法 part1  このページです。これはとばしても大丈夫。
TOEIC勉強法 金のフレーズ  TOEIC頻出単語の学習 ここから勉強してもいいとおもいます。
TOEIC勉強法 文法特急  文法特急で文法の弱点がなくなりました。



↓ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ダイエットブログへ